阪急杯 レポート 2019 【データ】

阪急杯 レポート 2019

<過去19年分のデータから>
2000年にハンデ戦から別定重賞に変更され、
さらに2006年には、1200mから1400mへの距離変更をされながらも
徐々にボックスを形成してきた極めて稀なレース。
フォーカスは6番人気以内のボックス型で、複勝占有率は81%。

阪急杯 複勝人気別分布表 2019
阪急杯 複勝人気別分布表 2019

阪急杯 単勝人気別分布表 2019
阪急杯 単勝人気別分布表 2019


<2008年より、過去11年分のデータから>
10年間で調教映像ナシ28-1 は実績としてまずまずで、
「頻繁に施行条件を変更されている」というこちらのイメージよりは信頼度が高いレースなのかもしれません。

栗東117258010
ミホ3172560
 -2812930
栗東坂路92195270
栗東ウッドチップ2362740
栗東P100
ミホ坂路133740
ミホウッドチップ1021540
ミホP71130


<PR>


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
2014年2月から