「降級制度」廃止

 JRAは28日、平成31年度(2019年)の夏から「降級制度」を廃止すると発表した。

 JRAの降級制度は古馬の在籍頭数を確保するために、1987年までは4歳夏、5歳夏の2度、88年以降は4歳夏の1度降級するシステム。現在は4歳の夏の段階で収得賞金(クラス分けのための賞金で、1着及び重賞2着時に加算)が半減され、春競馬まで1000万クラス(収得賞金501~1000万)だった馬が500万クラス(収得賞金500万以下)に出走可能となっていた。

 しかし、この降級制度により、高額条件馬が大幅に減少(収得賞金1601~2000万の4歳馬は降級制度により、オープンから2クラス下がり、1000万に出走可能に)するため、1600万、オープンといった高額条件競走が編成しづらくなり、少頭数の競走が多くなる問題点が生じていた。その解消策として、JRAは現2歳馬が4歳となる、再来年の夏から降級制度の廃止を決めた。
おそらくこれは重賞レースにも影響があるだろう。

データの見直しが必要になるレースがいくつか頭に浮かぶ。


集客のためなのか、JRAは一時、新設重賞を乱発し常に毎週重賞競走が開催されるスケージュールを組むようになった。

そして、今年から産経大阪杯はG1に昇格。

JRAが支払わなければならない賞金は大きくなる一方だ。

一方、我々ユーザーに対しては還元率の改悪が行われた。

まずい方向に向かっていると思う。

JRAは自らノミ行為を助長している。

詳しくは書かないが、早急に「ノミ行為などするに値しない。」というところまで還元率を引き上げることが望ましい。


<PR>


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
2014年2月から