富士S 結果 2020

 
10/24(土)富士S(GII)東京 芝1600m
1 ヴァンドギャルド 牡4 栗東・藤原英昭 栗東 ウッドチップ B 5 220
2 ラウダシオン 牡3 栗東・斉藤崇史 ミホ ウッドチップ E 3 270
3 ケイアイノーテック 牡5 栗東・平田修 栗東 坂路 A 6 300
4 ペルシアンナイト 牡6 栗東・池江泰寿 栗東 坂路 A 9
5 タイセイビジョン 牡3 栗東・西村真幸 栗東 坂路 A 4
6 モズダディー 牡5 栗東・藤岡健一 栗東 ウッドチップ B 11
7 レイエンダ 牡5 美浦・藤沢和雄 ミホ 10
8 ワーケア 牡3 美浦・手塚貴久 ミホ 坂路 D 8
9 サトノアーサー 牡6 栗東・池江泰寿 栗東 坂路 A 1
10 スマイルカナ 牝3 美浦・高橋祥泰 ミホ ウッドチップ E 2
11 ブラックバゴ 佐野 謙二(本会外)  -  - 12
12 シーズンズギフト 牝3 美浦・黒岩陽一 栗東 坂路 A 7



<PR>

第23回 富士ステークスGⅡ 前日最終オッズ

第23回 富士ステークスGⅡ 前日最終オッズ
第23回 富士ステークスGⅡ 前日最終オッズ 


<PR>

富士S レポート 2020 【調教】

富士S レポート 2020 【データ】はこちら
 
富士ステークス     
2008 1 サイレントプライド ミホ 坂路 D 4 430
2 リザーブカード ミホ P F 5 350
3 バトルバニヤン 栗東 7 400
2009 1 アブソリュート ミホ P F 6 470
2 マルカシェンク 栗東 坂路 A 11 940
3 マイケルバローズ 栗東 ウッドチップ B 15 2,290
2010 1 ダノンヨーヨー 栗東 坂路 A 2 210
2 ライブコンサート  -  - 14 1,920
3 ガルボ ミホ P F 13 1,590
2011 1 エイシンアポロン 栗東 坂路 A 1 180
2 アプリコットフィズ ミホ 坂路 D 6 340
3 マイネルラクリマ ミホ ウッドチップ E 5 310
2012 1 クラレント 栗東 坂路 A 5 420
2 ファイナルフォーム ミホ ウッドチップ E 3 330
3 ヒットジャポット 栗東 ウッドチップ B 14 1050
2013 1 ダノンシャーク 栗東 坂路 A 1 150
2 リアルインパクト ミホ ウッドチップ E 9 750
3 シャイニープリンス ミホ 坂路 D 14 1,260
2014 1 ステファノス 栗東 坂路 A 2 250
2 シャイニープリンス ミホ ウッドチップ E 12 760
3 レッドアリオン 栗東 坂路 A 5 350
2015 1 ダノンプラチナ ミホ ウッドチップ E 4 290
2 サトノアラジン 栗東 ウッドチップ B 1 130
3 ロゴタイプ ミホ ウッドチップ E 3 280
2016 1 ヤングマンパワー ミホ ウッドチップ E 3 190
2 イスラボニータ ミホ ウッドチップ E 4 240
3 ダノンプラチナ ミホ ウッドチップ E 2 180
2017 1 エアスピネル 栗東 坂路 A 1 170
2 イスラボニータ ミホ ウッドチップ E 4 200
3 クルーガー 栗東 坂路 A 11 780
2018 1 ロジクライ 栗東 坂路 A 2 160
2 ワントゥワン 栗東 P C 3 200
3 レッドアヴァンセ 栗東 坂路 A 5 190
2019 1 ノームコア ミホ ウッドチップ E 2 200
2 レイエンダ ミホ ウッドチップ E 3 310
3 レッドオルガ 栗東 坂路 A 4 250

続きを読む


<PR>

富士S 調教 2020

 
10/24(土)富士S(GII)東京 芝1600m
ヴァンドギャルド 牡4 栗東・藤原英昭 栗東 ウッドチップ B
ケイアイノーテック 牡5 栗東・平田修 栗東 坂路 A
サトノアーサー 牡6 栗東・池江泰寿 栗東 坂路 A
シーズンズギフト 牝3 美浦・黒岩陽一 栗東 坂路 A
スマイルカナ 牝3 美浦・高橋祥泰 ミホ ウッドチップ E
タイセイビジョン 牡3 栗東・西村真幸 栗東 坂路 A
ペルシアンナイト 牡6 栗東・池江泰寿 栗東 坂路 A
モズダディー 牡5 栗東・藤岡健一 栗東 ウッドチップ B
ラウダシオン 牡3 栗東・斉藤崇史 ミホ ウッドチップ E
レイエンダ 牡5 美浦・藤沢和雄 ミホ
ワーケア 牡3 美浦・手塚貴久 ミホ 坂路 D
↓ 木曜掲載 / 未掲載分 ↓
ブラックバゴ 佐野 謙二(本会外)  -  -



<PR>

富士S レポート 2020 【データ】

富士S レポート 2020

<過去22年分のデータから>
手のつけようがなかったこのレースも、2014年辺りから左サイドにまとまりだしました。
勿論、それだけでどうこうということはありませんが、成り行きを見守るくらいのことはしても良いかもしれません。

富士S 複勝人気別分布表 2020
富士S 複勝人気別分布表 2020 

富士S 単勝人気別分布表 2020
富士S 単勝人気別分布表 2020

続きを読む


<PR>
スポンサードリンク
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
2014年2月から