「降級制度」廃止

 JRAは28日、平成31年度(2019年)の夏から「降級制度」を廃止すると発表した。

 JRAの降級制度は古馬の在籍頭数を確保するために、1987年までは4歳夏、5歳夏の2度、88年以降は4歳夏の1度降級するシステム。現在は4歳の夏の段階で収得賞金(クラス分けのための賞金で、1着及び重賞2着時に加算)が半減され、春競馬まで1000万クラス(収得賞金501~1000万)だった馬が500万クラス(収得賞金500万以下)に出走可能となっていた。

 しかし、この降級制度により、高額条件馬が大幅に減少(収得賞金1601~2000万の4歳馬は降級制度により、オープンから2クラス下がり、1000万に出走可能に)するため、1600万、オープンといった高額条件競走が編成しづらくなり、少頭数の競走が多くなる問題点が生じていた。その解消策として、JRAは現2歳馬が4歳となる、再来年の夏から降級制度の廃止を決めた。

続きを読む


<PR>

小倉サマージャンプ レポート 2017 【データ】

小倉サマージャンプ レポート 2017

小倉サマージャンプ 複勝人気別分布表 2017
小倉サマージャンプ 複勝人気別分布表

小倉サマージャンプ 単勝人気別分布表 2017
小倉サマージャンプ 単勝人気別分布表 2017


<PR>

東京ジャンプステークス レポート 2017 【データ】

東京ジャンプステークス レポート 2017

<過去8年分のデータから>

東京ジャンプステークス 複勝人気別分布表 2017
東京ジャンプステークス 複勝人気別分布表 2017

東京ジャンプステークス 単勝人気別分布表 2017
東京ジャンプステークス 単勝人気別分布表 2017


<PR>

複勝回収率【2016年】

重賞128レース 出走した1911頭全ての複勝馬券を買った場合

払い戻し合計額は、¥120,860   回収率は、63.24% でした。


やはり人気サイドの活躍が目立つ一年だったと言っていいでしょう。


<人気別複勝回収率>
1番人気12881¥10,65083%
2番人気12869¥11,29088%
3番人気12855¥11,16087%
4番人気12835¥7,67060%
5番人気12827¥8,37065%
6番人気12831¥10,96086%
7番人気12822¥8,67068%
8番人気12817¥8,74068%
9番人気12813¥6,49051%
10番人気1258¥5,23042%
11番人気11910¥9,45079%
12番人気1136¥6,40057%
13番人気1028¥10,11099%
14番人気892¥3,01034%
15番人気822¥2,66032%
16番人気660¥00%
17番人気330¥00%
18番人気300¥00%


1~3番人気の馬がとにかく強かった印象で、「1着から3着までが1番人気から3番人気」という例年ではそれ程多くない決着が目につきました。

1~3番人気は全て回収率80%超え。 それ以下の人気で80%を超えているのは6番人気と13番人気。

続きを読む


<PR>

東京ハイジャンプ レポート 2016 【データ】

東京ハイジャンプ レポート 2014

2009年に6月から10月に開催時期が変更。
これに伴い、複勝人気別分布表の様相が一変してしまいました。

なお、2012年からは距離も3300mから3110mに変更されています。

東京ハイジャンプ 複勝人気別分布表 2016
東京ハイジャンプ 複勝人気別分布表 2016

東京ハイジャンプ 単勝人気別分布表 2016
東京ハイジャンプ 単勝人気別分布表 2016


<PR>
スポンサードリンク
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
2014年2月から